おはじき攻略を素点で語ってみる

おはじきの素点(仮称)とは?

打ち出したぷにが最初のポイント玉に当たる前に表示されている「つよさ」です。ダメージと違って盤面やミッションによる修飾を受けない、パーティーのおはじき能力値になります。最終ダメージの計算概要と合わせて、過去の記事でも説明しています。

素点の数値を使うメリットとは?

おはじきのダメージはプレイ次第で大きく変動するため、たとえば2種類のパーティーのどちらが良いか、などの検討にダメージ値は不向きです。また、同じぷに組成を組んでも、スキルGレベルや所持時計などでアカウント毎につよさの値が異なってくるため、あるアカウントでベストと言っている(しかも本当はベストでない事も多い)ものを、他のアカウントでそのまま適用できません。5体分の「打ち出し素点の足し算が一番大きくなるパーティー」が唯一「そのアカウントで一番効果的な」組成になります。

素点とダメージの関係を検討してみた

使用したパーティーは、

<対五郎> 素点合計 2761 イケ魚だけGマ
魚F(1593)、イケ魚(432)、黒バン(293)、覚リト(276)、メガ(167)

<対メガ> 素点合計 5350 G書の使用なし
五郎(1598)、DS(1809)、覚紅丸(1487)、覚リト(276)、メガ(180)
ゴーケツ2体の種族ボーナスがあるとはいえ、Zランク覚醒紅丸ェ・・・

検証結果

ダメスピLv5の自分のおはじき敵に対して、21回ずつおはじきしてダメージを検証してみました。定規使用なし、心理的プレッシャーなしの状況で、コースは丁寧に。おはじき検証しんどい…ドリンクがぶ飲みしててもしんどい…(例え話)

平均すると「対通常では素点の1.8倍超」「対乱入では素点の2.2倍超」のダメージになりました。対乱入では対通常の2倍ほどのミッション発生率で、差分はこの影響と思われます。

検証結果を踏まえて

たとえばメガLv9(HP60万)を自力だけで倒す場合、制限30分間で20発フルパを打てる人は、600000/(20*6*2.2)≒打ち出し素点の5体合計が2300以上あれば、たぶん倒しきれると予想できる計算となります。

他の人に役立ちやすい、おはじきパーティー記載とは?

・変動の大きいダメージから判断せず、パーティー素点を示す
・パーティーのスキルGレベルを明記する

まとめ

今回の検証では、

対通常:平均で素点の2倍弱のダメージ、盤面ミッションが良い時は最大2.5倍程度。
対乱入:平均で素点の2倍超のダメージ、盤面ミッションが良い時は最大3倍程度。

わざわざダメージいくつのスクショを貼らなくても、素点を示しておけばその約20倍がプレイを繰り返した時の最大ダメージと推測できます。おはじき上手いねって幼稚園児のように褒められたいのか?

自分のパーティーで迷った時も、どちらのほうが良いかを他の人に聞く必要はありません。素点の合計を比べて大きい方が「自分のアカウントにおける、より良い」組成です。逆に聞かれた場合は自分で打った素点を調べて比べてください、って言うだけです。ドリンク何本要りますか?についても同様です。

ちょっと宣伝

 
 

記事記載の時点で、各通販サイトでも妖怪学園Yウエハースの在庫を確認しました。レア物なので興味がありましたら購入のご検討を。