ウイスキーはじめての人に勧めたい4選

ウイスキーはクセが強い?

ウイスキーを一度飲んでおいしくなかった、という話でありがちなのは、通好みの銘柄をロックですすめられて、苦みとアルコール度数が強くてダメだった、のようなパターンです。コンビニで缶売りの角ハイボールなど、薄めのウイスキーは少し甘みがあって、ウーロン茶というよりは麦茶の感覚で飲める、カクテルの次みたいな位置づけのお酒だと思っています。

多くのスコッチウイスキーはピートと呼ばれる燃料を製造工程で使うため、銘柄によって煙っぽい匂いやヨウ素の匂いが強く残っているものがあります。経験則では日常的にタールを吸っている喫煙者はこちらを好む傾向がありそうですが、ウイスキーを始める方にはピート・ヨードの目立たない銘柄をお勧めしています。

薄めて飲んでもOK

ロックで飲むと目立つ苦みも、薄めて飲むと良い風味程度に感じられます。トゥワイスアップ(ウイスキー:常温水=1:1)、水割り(ウイスキーに氷を加えてからウイスキー:水=1:2くらい)、ハイボール(ウイスキー:サイダー=1:3くらい)は香りが立って飲みやすいと思います。水は500mlペットボトルの国内産ミネラルウォーターで良いです。つまみは生ハム・ポテチなど塩気のあるもの、ナッツなど味の薄いもの、ミルクチョコレートなどの甘みがあるものでもいけます。寝る前に食べ物無しで仕事しながら飲む、薄めのウイスキーもなかなか良いです。

ブレンデッド・ウイスキー

複数の蒸留所からブレンダーが決めた比率で混ぜたウイスキーです。どちらかといえば味が尖らないものが主流です。

<グランツ>

ほのかな甘みがあって、苦みなどが目立たなく飲みやすいブレンデッドです。上から見ると三角形の瓶で、イオンや量販店でも1000円以下で見かけることが多く入手が容易です。コスパ最強といえるグランツだけでも宅飲みなら十分。

<ホワイトアンドマッカイ>

グランツよりは少しだけ値が張り、フルーツや穀物の香りが目立つブレンデッドです。日本ではあまり見ない気がします。見つからずに明治屋まで買いに行った記憶があります。

<そのほか>

紹介がスコッチ中心になりますが、バーやレストランによく置いてある「シーバスリーガル」も飲みやすいと思います。同じくよく見るジョニー・ウォーカーはピートヨードがやや強く、ウイスキー好き向けで初心者には不向きかと思います。

シングルモルト・ウイスキー

一つの蒸留所でモルトから作られたウイスキーで、ブレンデッドより味に特徴のあるものが多いです。シングルモルトなら少し値が張るものをおすすめします。

<グレンモーレンジィ>

すこし柑橘類が香る、飲みやすいシングルモルトで、個人的には一番のおすすめのウイスキーです。近場で見つからなければ、成城石井に行くと黄色い箱に入って売っています。作っているのはLVMH、ティファニーも買収したルイヴィトンのグループ会社です。この話をすれば女子受けするかも?

<マッカラン>

万人受けの高級スコッチと言えばこれ、完成された風味が口の中に広がります。連れられて行ったバーで困ったらマッカランと言っておけば、社交的には間違いない。年代物は結構な値段がするので注意。水割りで頼むと、ん?って顔されがちですが、飲みやすいのは水割りでOK。

<そのほか>

「グレンリベット」、「グレンフィディック」もバーなどに置いてあることが多いシングルモルトで、売れ筋だけあって飲みやすいと思います。

いろいろ試し飲みしたい人へ

家に1本買ってくるとなかなか値が張ります。新しいウイスキーをグラスで試したいときのお勧めはシティホテル内のバーで、銘柄も豊富に揃っていることが多いです。高層階のバーで夜景も楽しんでください。

日本酒の記事はこちらから。

最後にお約束

お酒は20歳になってから。

 

雑談

Posted by ripple500