ドコモ新プラン ahamo(アハモ)の衝撃

日本の携帯料金は本当に高いのか?

今月分の自分の携帯プランを確認しました。ワイモバイルの17GBプランR 4680円+サブ機OCNモバイルの3GBデータ 680円で、合計で毎月5360円(税抜)を支払っているようです。

イギリスに滞在中はgiffgaffのSIMカードを使用していました。契約はネットから郵送を申し込み、通信15GB+国内かけ放題で月15ポンド(約2000円)。日本の三大キャリアの約3分の1くらいの料金です。物価の高いイギリスでも牛乳とイチゴと携帯料金は安かった…。

安い分、通信網としては地下鉄内や郊外では繋がらなかったり、実店舗での使い方教室やお得なポイントサービスなどもないのですが。それでも他の先進国に比べて料金3倍は高いなあ、というのがグローバルな認識だったのではと思います。

新プラン ahamoの料金体系

12月に発表になったドコモ新プランahamoは2021年3月以降の提供開始で、月20GB・2980円(1GB追加500円)で超過時1Mbps制限、通話5分以内無料、店舗対応・キャリアメール・家族割引なしで「ただネットに繋ぐため」の料金プランになっています。

今まではドコモショップに電源の入れ方、LINEの使い方まで聞きに来るご年配のための人的コストまで顧客全員で負担していたわけで、ネットで自力完結できる層にとっては大歓迎のプランと言えます。

そしてahamoは本当に安いのか?

間違いなく安いです。安い物には何か但し書きがあって解散することが多いのですが、まずスマホ経由で他の機器をネットに繋げるテザリングが無料です。通話は月額1000円でかけ放題オプションを付けることができます。かけ放題化しても3980円。

メインキャリアからこれだけの格安プラン提供も前代未聞。MVNOは混雑時の通信速度が一番の問題でしたが、通信品質面でも何の心配も無くなります。

一番驚いたのは、データ通信の海外ローミング82か国が無料。海外出張がそれなりに多い自分にとっても、わざわざ現地SIMをTop-upしたり入れ替えする必要が無くなります。

現在、公式サイトで事前登録でdポイント3000配布のキャンペーン中です。必要な入力項目は携帯番号とメールアドレスだけ、さっそく登録を済ませました。

まとめ

企業スケールを生かし、人的コストの発生カットで実現したと思われる格安ahamo、唯一の欠点は月20GB上限の通信量くらいです。他社は月2980円以下の設定は難しく、あとはギガ数で勝負していくのでしょうか。ぶっ壊れ・人権クラスのゲームチェンジャーの提供開始がとても待ち遠しいです。

サブ端末におすすめはOCNモバイル

2020/12/23まで、新規orMNP契約で格安で端末が手に入る、冬のスマホSALEが開催中です。データ通信3GBに変更すれば月額680円で、他キャリアの追加SIMオプション程度の価格設定です。

ぷにぷにユーザーへのお勧めはOPPO Reno A、新規でも5300円で端末が手に入ります。ぷにぷにの月の通信量はアプリを入れ直さない限り1GB未満です。Wifiの無い場所でもノータイムで別垢から救援できるサブ端末、とても便利ですよ。

詳細と申し込みは下記のリンクから。

雑談

Posted by ripple500