skebでアイコンを描いていただきました

Twitterアイコンという懸念

ここ1年ほどWebのイラストメーカーで作成した、Twitterのアイコンを利用させていただいておりましたが、ぷにぷにアカウントの要素がないイラストでもあり、自分では描けない新しいアイコンをどうするか問題がずっと課題になっていました。

skebで依頼しました

skebは有償でイラストをリクエストできるサイトで、商用の仕事をされているような絵師さんも登録されていたりします。140文字の依頼文と金額提示の後に、絵師さんが受け付けるかどうか決定する方式です。最初の依頼文以外はリテイク無し、著作権も絵師さんに帰属し、SNSのアイコンなど個人で楽しむ範囲に限って使用できます。絵師さんを有償で応援する目的で、お題を提示して、好みのイラストを描いてもらうというテイです。

必要なものは、Twitterのアカウントと決済手段の二つ。最低金額以上で報酬額を提示した後に、お金はいったんskeb運営預かりになります。絵師さんが依頼を受け付けた以降は完成待ち。依頼が承認されなかった場合や納期を超えてキャンセルになった場合は返金を受けます。

ということで依頼のイラスト、はちぷよ様ありがとうございました。

Picrew(無償アイコン作成)

2020年はPicrewで作成したアイコンを使っていました。個人・非商用などメーカーに記載されている利用範囲内で、Twitterのアイコンなどに利用できます。

SKIMA(有償イラスト依頼)

2019年のアイコンはSKIMAで依頼しました。skebよりも依頼の金額が抑えめなのと、リクエストで募集をかけて提案を受けた中からお願いする形も取れるようです。

まとめ

Twitterアイコン用のイラストをskeb経由で依頼させていただきました。感動レベルでありがたい限りで、感謝の雨あられです。

版権的にどうかな?というイラストを現在のアイコンに使われている場合は、無料であればPicrewやスマホのアプリなどで、アイコンを自作してみてはいかがでしょうか。

雑談

Posted by ripple500