リップルズ、二ノ国みてきたってよ

二ノ国のゲームをやってない勢ですが、プニラーとしてイベントの予習のために映画を見てきました。前半60分までのネタバレを含むレビューと、極力ネタバレを避けた映画の感想を以下に書きます。予告編程度のネタバレもお嫌いな方はそっ閉じしてください。

妖怪ウォッチ冬映画の立ちパネルがお出迎え、左から漂うニャンボ感に警戒心。

15分くらい他映画の予告を見せられてから本編スタート。ヒロアカは12月公開のようなのでコラボは期待できないかな・・・。

病院の屋上で杖を振る老人。ナースさんが尋ねると、ゲートを開こうとしているらしい。この時点でプレイヤーの多くはイベント形式をお察し(笑)

舞台は変わり、バスケの試合に2人の高校生。両足が動かないユウくんと、やたら元気なハルくん。30歳を過ぎるとなかなか人の名前が覚えられません。ハルくんの彼女がコトナさんで、身長と年齢に似合わない擦れ声に違和感しかありません。

左がハルくん、右がユウくん。ユウくんの出番のほうが多い。

変質者(ユウくん談)に追われ、二人に電話で助けを求めるコトナさん。警察を呼んだほうがよいのでは・・・ブキミーな感じのストカジ男に腹部を刺されて、抱きかかえたハルくんが道路に飛び出したところで画面フェードアウト。ちなみに身体に何か刺さった時は、動かさないほうが良いし抜かない方が良いです。血管が傷ついている時に裂けて大出血してしまうので、開創して目視しながら抜いて血管縫合します。

どうやら大阪万博的な場所に異世界転送されてしまったようです。設定を素直に受け入れて歩き出す中世装備のユウくん、酒場に向かいます。酒場には踊るポールダンサーが登場で、ワイだけ歓喜。皇帝はいないのか(笑)

壁の張り紙のアーシャ姫がコトナさんに激似なので、とりあえず会いに行くことになったようです。ポールダンサーに別れを告げてお城に向かう二人。

厳重警備の城に入った二人、アーシャ姫は呪いのために虫の息だそうです。早々に治療を諦める魔法宰相ヨキ・・・二時間ドラマを見飽きたテレビ好きの皆様は口を揃えてコイツが怪しいと言うはず。騎士隊長ヴェルサも登場して、これでコラボ予告のうち五体が登場しました。

100%ジブリ顔の超覚醒ソロモンがヴェルサ

姫を治療したユウくんハルくんは褒美をもらって再び酒場へ。予期せぬポールダンサーの再登場に、ワイだけ歓喜(笑)展開についていけないハルくんが、ポールダンサーとコラボして踊った後に夜パートへ、もうポールダンサーは見れないのかな・・・(フラグ)

アーシャ姫さんの話では、この世界は二ノ国で、一ノ国で起こった事と影響し合う世界のようです。怪しいヨキの指示で捕まりそうになったユウくんハルくんはゲートに飛び込んで一ノ国=東京に戻ります。

東京ではコトナさんが刺された事実は消えたようです。ユウくんは二ノ国で姫の呪いを解いた影響と、推理を披露します。その後にコトナさんは発病して入院へ・・・姫を助けたせいだとハルくんが騒ぎ出し、刺された話を完全に忘れる迷推理。ここで突然ハルくんが闇墜ち(笑)、二ノ国に行って予告左端の名将ガバラスさんのささやき戦術で城に攻めてくるところで前半終了です。

後半のネタバレを避けた映画の感想ですが、安心できる話にまとめるには多少強引なラストでも仕方ないのかなという気がします。精神論的な部分がチープなジョジョだったり、CG&音楽の無駄遣いと姫の擦れ声だけは最後まで目立ちますが、こちらも個人的には許容範囲かな。

イベントの予習としては十分に楽しめたと思います。評判よくないとも聞きますが、入り口で1900円ほど取られるのを厭わないぷにぷにプレイヤーの方は予習で見に行っていただければ、コラボイベントもさらに楽しめると思います。実際に見ないでどうこう言う人も多すぎだからねえ。

映画を見てからこの予告絵を見ると、大事なネタバレが反映されていて感心しました。